大学時代に留学することのデメリット

グローバル化が進んでいる、と言われる現代においては、海外経験を積んだ人材は企業にとっても貴重である、という風潮が高まっています。

そのため、大学生の就職活動の際にも、海外経験が重要と考え、大学を休学し、海外へ出かける学生も増えてきています。
しかし、留学したからといって必ずしも企業に必要とされる人材になれるとは限りません。

そこで今回は、大学時代に留学することのデメリットについてお伝えします。
まず、単純に日本の大学に在籍する期間が長くなってしまう可能性が高いことが挙げられます。

留学には高い金額の費用がかかってしまうものですが、大学を休学する場合には、留学費用に加えて大学4年間の学費が必要となってしまいます。

私立大学に在籍している学生の場合には、休学期間にも一定額の学費を納付する必要がある可能性もあり、こうした費用と時間をかけて得られるメリットが、4年で卒業する際に必要となる学費との差額以上のものなのか、は考えなくてはなりません。

さらに、学内の制度などを利用し、4年で卒業することができる場合には、専門科目を日本語で学ぶ期間が短くなってしまう、というデメリットがあります。

日本人の大学生が母国語を通じて、専門科目を学ぶことができるということは、学問を学ぶという観点においては大きなメリットとなります。

そのため、留学先に慣れて授業についていけるようになっても、母国語でない言語で専門科目を学ぶことになるため、教育効果が低くなってしまう恐れがあることがデメリットと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *